ヘッドハンティングのメモ

ただのメモ


ヘッドハンティングのメールの対処方法メモ

ヘッドハンターから会社のメルアドにメールが届いた。
こんな時にどう対処するのが良いか?
(ヘッドハンティングのお誘い)

1、定型文かどうかの確認
2、会社のメールで返信しない
3、ヘッドハンターが所属する会社を調べる
4、良さそうなら会ってみる

まず、この手のメールはスパム的なメールの可能性もある。
誰にでも通用する「定型文」であれば、間違いなくスパムだろう。
個人情報を抜かれるか、人材紹介会社が会員を増やそうとしているだけか。
ライバル企業のスパイなどの可能性もある。

なんにせよ、会社のメールでの返信は禁止。
全てのメールのやりとりは会社に保管されていると思うので、
こんな危ないメールは絶対に返信してはならない。
個人の携帯など、会社にばれない方法で返信をしよう。

本当にヘッドハンティングの話しであれば、
相手が所属する会社を調べる。
フリーランスか、きちんとした会社か。
検索にて引っかからなければ、フリーランスの可能性がある。
だからといって悪くはないですが、怪しさは増す。

せっかくのお誘い。
良い話しの可能性もあり、待ちに待ったヘッドハンティングでもあるので一度は会ってみたい。

・・・といったところ。

あと、大手のヘッドハンティング会社は知っておく。
ヘッドハンティング会社一覧がわかりやすい。

ヘッドハンティングのメモへ戻る